アイクリーンサービスのやってみた!シリーズ ネットで有名な自宅で、自分で出来るカビ取り・処理方法を実際にやってみた!

「敷きふとんにカビが生えた!! 自分でカビ取りできるの?! 身近な物でできるしやってみようかな・・・」

ちょっと待った!!

一歩、カビ取り・処理を間違えてしまうと皮膚炎や最悪失明する危険性があります。

カビ菌がどういう性質をもっているか知っていますか?
カビが見えている部分だけ処理しようとしていませんか?
ネットの情報だけで処理しても大丈夫ですか?

最近では、ネット上に「敷き布団のカビ取り・処理は自分で出来る」「身近なもので簡単に殺菌」などと書かれたページを沢山見ます。

今回私たちは、今ネットで話題になっている自宅で!自分でできる!!敷きふとんのカビ取り・処理方法を布団クリーニング屋が実際にやってみました!

どんな結果になったか…ぜひご覧ください

※実験後は、布団を再度クリーニングして廃棄しました。

ネットで有名になっているカビ取り・処理方法を布団の4隅を利用してそれぞれ行っていきます。

ご自身で行ったカビ取り・処理方法で生じたあらゆる損害に関して当社は一切の責任を負いません

使用する物 重曹:大さじ2杯 ぬるま湯300ml スプレーボトル

    重曹を使う場合の処理方法
  1. 濡れたティッシュで表面のカビ菌をふき取る。
  2. 重曹をぬるま湯で溶かしスプレーボトルに入れ、カビの部分に散布。
    3分間寝かせます。
  3. 叩くようにふき取り、天日干しします。

使用する物 エタノール:80ml 水:20ml スプレーボトル

    エタノールを使う場合の処理方法
  1. 換気を必ず行ってください。
  2. 濡れたティッシュで表面のカビ菌をふき取る。
  3. 希釈したエタノール水をスプレーボトルに入れ、
    しっかり染み込むようにカビの部分に散布。
  4. 3分間寝かせた後、叩くようにふき取り、天日干しします。

使用する物 塩素系漂白剤:1ml 水:100ml スプレーボトル タオル2枚 ぬるま湯

    塩素系漂白剤を使う場合の処理方法
  1. 換気を必ず行ってください。
  2. 濡れたティッシュで表面のカビ菌をふき取る。
  3. 希釈した塩素系漂白剤をスプレーボトルに入れ、
    しっかり染み込むようにカビの部分に散布。約30分ほど寝かせます。
  4. タオルにぬるま湯をしめらせ、軽く叩くように漂白をふき取る。
  5. 乾いたタオルで軽く叩きながら水分を取る
  6. 日干しで乾かす。

使用する物 某有名カビ取り剤泡タイプ タオル2枚 ぬるま湯

    塩素系漂白剤を使う場合の処理方法
  1. 換気を必ず行ってください。
  2. 濡れたティッシュで表面のカビ菌をふき取る。
  3. 某有名カビ取り剤泡タイプをカビにしっかり散布。約30分ほど寝かせます。
  4. タオルにぬるま湯をしめらせ、軽く叩くように漂白をふき取る。
  5. 乾いたタオルで軽く叩きながら水分を取る
  6. 日干しで乾かす。
ご自身で行ったカビ取り・処理方法で生じたあらゆる損害に関して当社は一切の責任を負いません

結果発表 カビはどうなったでしょうか

カビ取りやってみた。まとめ

重曹を使用したカビ取り・処理方法を行った結果

画像で見た頂いても分かっていただけると思うのですが、見た目の変化は一切ありません。

カビのシミを落とすという観点で見ると、重曹は弱アルカリ性のため効果がありそうな気がします。
ですが、弱アルカリ性というのはほぼ水に近いくらいの濃度なのでほぼ効果はありません。
また、カビの菌を殺菌することもできないので、結果重曹でカビ取り・処理を行っても何の意味もないという事になります。

エタノールを使用したカビ取り・処理方法を行った結果

こちらも重曹と同じく、見た目の変化は一切ありません。

ですが、エタノールには殺菌効果があるので、カビ菌は殺菌できていると思います。
ただし、カビの菌は見えている物がすべてではありません。

カビの菌はコロニーを形成した時に、ようやく人間の目で確認することができます。
実際には布団全体に菌自体は繁殖していて、まだコロニーを形成していないだけなのです。

そうなると敷き布団表裏全体・布団の内部にまでエタノールを浸透させなければいけません。

よく考えてみてください。
お布団全体に希釈したエタノールを浸透させるための場所を確保できますか?
布団全体に染み込んだエタノール水を完全に吸い取るもしくは洗い流すことができますか?
そのお布団を乾かす方法はありますか?などなど

話せばきりがないと思います。

そこまでしてエタノールで殺菌しようと思うかはお客様次第だと思います。

塩素系漂白剤を使用したカビ取り・処理方法を行った結果

真似しないでください。

重曹・エタノールに比べて、比較的カビのシミは薄くなっています。

塩素系漂白剤はアルカリ性が強いためカビのシミも取れるし、菌を殺菌することもできます。

しかし…ここからが重大です。

ご存知の通り塩素系漂白剤は塩素の臭い発生させると共に、色を溶かしてしまう性質があります。
前述していますが、この塩素系漂白剤を部分的・全体的に塗った後綺麗にふき取れる又は洗い流せる自信はありますか?
中途半端になればと臭いは残る、塩素が残っているので皮膚に接触すれば皮膚炎を起こす危険性が高くなります。
カビを取ることには効果を発揮しますが、ご自身の身体に悪影響を及ぼすそれだけ危険な薬品を使っているということを知っておいてください。

某有名カビ取り剤を使用してカビ取り・処理方法を行った結果

絶対に真似しないでください。

アルカリ性の中でも最も強い濃度を持っています。その分強烈な臭いも発生します。

カビ取りの効果で話をすると、有名なだけあってカビはあっという間にシミも菌も消え去りました。

問題はその後でした。

当社スタッフも余りにもカビ取り・処理が早かったので驚いていたのですが、臭いがキツいと話していました。マスクをしていたのにも関わらずです。
その後、布団を当社の方法でクリーニングしたのですが1回、2回のクリーニングでは臭いを取りきることができませんでした。

もし一般家庭で同じような処理したらと思うと恐ろしくなります。臭いは残る、成分も残る、なかなか臭いが消えない。

またこれは、塩素系漂白剤と某有名カビ取り剤に共通して言えることなのですが、
塩素系漂白は完全に取り切らないと危険度が増してくるのです。
塩素系漂白は乾燥が進むと濃度が増す傾向があります。
皮膚につけば炎症の原因になる、目に入れば、角膜を溶かし失明する恐れもあります。
人間は寝ている間コップ1杯の汗をかきます。その汗が成分に染み込み服が吸い上げ瞬く間に皮膚に炎症が発生してしまいます。

もう一度言います、絶対に真似しないで下さい。クリーニング屋が断言します。

カビの対策ページはこちら

ご注文はこちらから