←前へ ↑一覧へ 次へ→

布団の種類 『化繊わた その3』

2014/12/05

布団の化繊わたと云えばポリエステルとナイロンです。

この二つは見た目では分り難いのですが、
ポリエステルは他の繊維と混紡したり、各種の加工が
容易にできるために、現在の90%以上の布団は
ポリエステルになっています。

ポリエステル、ナイロンともに1950年代
テメリカ・デュポン社(現ダクロン社)と
イギリスICI社(テリレン)によって開発された
石油を原料とする繊維です。

「ポリエステルの特長」


ポリエステルは非常に強くしわになり難く
年々生産が増え続けている、注目されている素材ですが

1:非常に軽くて強いのが特長です。綿や生糸の70~80%の比重です。


2:吸湿性が少なく洗濯しても伸び縮みせず、すぐ乾きます。


3:薬品に強く、虫やカビの害を受けにくい繊維です。


以上はポリエステル100%の場合です。

次回はポリエステルが2次加工された
新製品の説明をさせて頂きます。

ふとんとクリーニングのトリビアの泉 お問い合わせメール

このエントリーをはてなブックマークに追加