←前へ ↑一覧へ 次へ→

布団の種類 『木綿わた』

2014/11/01

木綿わたと云えば布団の元祖です。

布団は明治時代に初めて作られたのですが、初めはすべて
この木綿わたでした。

現在は主流からは落ちていますが、なんと云っても元祖です。
概略を書いておきますのでご参照ください。

1:材料
木綿(もめん)と呼ばれる「樹木」の種で、種の周りに付いた白い繊維を紡いで作るものです。

2:歴史
江戸時代から綿花産業と呼ばれる大きな産業でしたが、第二次大戦後輸入品に押されて衰退し、現在では自給率はゼロと云われています。
 
3:特長
吸湿、保温性に優れ、古くなったら打ち替えて再生できることが大きな特長ですが、重いことが欠点で近年では羊毛や羽毛に主役の座は渡しています。
ふとんとクリーニングのトリビアの泉 お問い合わせメール

このエントリーをはてなブックマークに追加