←前へ ↑一覧へ 次へ→

布団の種類 『化繊わた その4』

2014/12/13

今回はポリエステル綿が二次加工された製品の話です。

しかし、その種類は実に多くて、且つ複雑なために
どのようにご説明すればよいか迷っております。

※結論として、細かく書くことは止めて概略だけ書かせて頂きます。
紙面も足りないのですが、詳しく書いてもご理解を頂くことも
かなり難しいことだと思ったからです。


布団は明治時代の木綿に始まり絹、化繊、羊毛、羽毛…
等々次々に新製品が開発されてきました。

しかし化繊以外は天然素材なので技術の進歩にはあまり浴しませんでしたが、人工繊維である化繊=ポリエステルは信じられないほど進歩をしています。

多くの方はポリエステル=化繊=安物……
こんなイメージを持っておられるのではないでしょうか。

実はとんでもないことなんです。
「技術」と云うものは毎日凄まじい勢いで進歩をしております。

「布団」もまったくその通りで決して例外ではありません。

詳しくは次回からご説明させて頂きますので何卒ご期待ください。
ふとんとクリーニングのトリビアの泉 お問い合わせメール

このエントリーをはてなブックマークに追加