←前へ ↑一覧へ 次へ→

本当にきれいになるのか?

2012/07/01

布団の丸洗い業者を探すときのお客様の最大の心配は、本当にきれいになるだろうか? どこまで綺麗になるんだろうか? ではないかと思います。

ここではその疑問に答えてみたいと思います。

  https://ai-clean.com/koe/

上のURLは当社をご利用頂いた方のアンケートのページです。

詳しく見ていただきたいと思いますが、大部分はきれいになったとのご意見ですが中には厳しいご指摘もあります。

実は私たちはすべての布団をきれいにしたいと頑張っているのですが、残念ながら布団には破れないか?という大きな心配があって、途中でシミ取りを断念しなければならないことがあることを知っておいて頂きたいと思います。

布団の汚れがひどくなるとほぼ比例して生地が弱くなっています。中にはすでに少し生地が破れている布団もときどきあります。
シミ取りは熱いお湯を使ってかなり長い時間をかけるものですから、元々シミによって生地が弱っている上に、さらに生地への負担が高くなるので破れることが心配になってきます。
このため本当はもう少しシミ取りをしたいと思っても破れの心配で、もう少しと思いながらもストップしなければならないことがあります。
洗濯屋としてはきれいにするのが使命です。それがやり甲斐なんです。
しかし何と言っても布団を破ってしまっては命とりです。

このために「シミ取りはここまで」と止めるか、いや「もう少し出来る」と決めるか。つまりこれ以上はシミは取れないというのでなく、これ以上は洗えないというのが本音なんです。

もっとも店の経営効率の面からはシミ取りは大きな負担になるので、損得勘定で「これ以上は危険です。」の言葉を利用する店も多分にあることはぜひ知っておいてください。

この点当社は「シミ取りに損得は考えるな。」と云う自慢の大方針が最初から徹底してありますので、
当社の「こだわりのシミ取り」には是非注意をしてご覧いただきたいと思います。
ふとんとクリーニングのトリビアの泉 お問い合わせメール

このエントリーをはてなブックマークに追加